2017年08月の記事一覧

クルマ探究まにあっく

車の最新情報をいち早くお届け!

月別:2017年08月

ホンダ 新型 シャトル ハイブリッド マイナーチェンジ Honda SENSING標準搭載 2017年9月15日発売について

ホンダ 新型 シャトル ハイブリッド マイナーチェンジ Honda SENSING標準搭載 2017年9月15日発売

ホンダは新型シャトル/シャトルハイブリッドの初のマイナーチェンジを行い2017年9月15日発売を開始する。 

予想価格 ガソリンモデル:170~198万円
ハイブリッドモデル:209~265万円

新型シャトル マイナーチェンジモデルの変更点は?

今回のマイナーチェンジでは以下の変更点がある。
先進安全運転支援システム「Honda SENSING ホンダ センシング」を標準装備。
エクステリアデザインを変更、よりスポーティなデザインを採用。
新デザインバンパーやLEDヘッドランプ、LEDフォグライト、LEDリアコンビネーションランプを装備。 ドリンクホルダーの使い勝手向上 、インテリアは質感を高め心地よさを追求したシートを採用。
エンジン周りのブラッシュアップを図り第二世代ii-DCD(HYBRID)の採用、燃費向上を図る。

シャトルについて


現行 シャトル

フィットシャトルを車名変更し新型「シャトル」として2015年5月15日から販売を開始した。

フィットシャトルはフィットがベースとなったエントリークラスのステーションワゴンであり、 エアウェイブの実質的な後継車である。

新型シャトルも同様、フィットをベースに作られている!!
現行フィットをステーションワゴンとしてスタイリッシュに仕上げる。
ライバル車種はトヨタのカローラフィルダーである。

新型シャトル マイナーチェンジモデルについて

2017年6月に発売される新型フィットをベースにし、初のマイナーチェンジでエクステリアはスポーティさを際立たせた新デザインバンパーやLEDヘッドランプなどを装備。インテリアには質感を高め心地よさを追求したシートを採用。 先進安全運転支援システム「Honda SENSING ホンダ センシング」を装備し、安全性を向上させた。

また、ハイブリッドモデルも現在、JC08モード燃費34.0km/Lからi-DCD(スポーツハイブリッド)の改良を加え JC08モード燃費36.0km/Lへ引き上げられる可能性が高い!!

ライバル車種のトヨタ カローラフィルダーハイブリッドはJC08モード燃費33.8 km/Lなので差を出すことができる。

新型シャトル 先進運転支援システム
Honda SENSING(ホンダ センシング)搭載

また、2014年10月に行われた、「あんしんパッケージ」を
ホンダの先進技術、「Honda SENSING(ホンダ センシング)」へと変更され安全性での向上も今後図られる。

運転支援システムである「Honda SENSING(ホンダ センシング)」も全モデル標準装備される。

あんしんパッケージをホンダの先進技術、「Honda SENSING(ホンダ センシング)」へ と変更され安全性での向上も今後図られる。

先進運転支援システム Honda SENSING(ホンダ センシング)について

2017年8月31日に発売される新型N-BOXにも初搭載された「後方誤発進抑制機能」を搭載。
2017年7月6日に発表した新型グレイスでホンダ車初搭載した「オートハイビーム」も搭載。

衝突軽減ブレーキシステム(CMBS)
前走車、対向車、歩行者との衝突回避を支援。
約5km/h以上で走行中に自車との速度差が約5km/h以上ある前走車両や歩行者、または対向車両(二輪車や自転車等を除く)に対して衝突する可能性があるとシステムが判断した場合に作動し、自動的に停止または減速することにより衝突回避や衝突被害の軽減を図ります。対向車両(二輪車や自転車等を除く)と歩行者に対しては、自車が約80km/h以下で走行中の場合に作動します。

路外逸脱抑制機能
車線を検知し、はみ出さないように支援。
約60km/h~約100km/hで走行中に、路外への逸脱またはシステムが路外への逸脱を予測したとき、作動します。運転者のステアリング操作に代わるものではありません。運転者が加速やブレーキ操作、急なステアリング操作を行っているとシステムが判断した場合、ウインカーを作動させている場合は作動しません。 LKAS(車線維持支援システム)
車線内を走行できるようにステアリング操作を支援。
約60km/h~約100km/hで走行中に、路外への逸脱またはシステムが路外への逸脱を予測したとき、作動します。運転者のステアリング操作に代わるものではありません。運転者が加速やブレーキ操作、急なステアリング操作を行っているとシステムが判断した場合、ウインカーを作動させている場合は作動しません。

ACC 渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール
適切な車間距離を保ち、運転負荷を軽減。
30km/h~約100km/hで作動します。急なカーブや加速・減速の繰り返しが少ない、高速道路や自動車専用道路などを運転するときに使用してください。

標識認識機能
標識の見落とし防止を図り、安全運転を支援。

誤発進抑制機能
不注意による急発進を防止し注意を喚起。
停車時や約10km/h以下で走行しているとき、自車のほぼ真正面の近距離に車両などの障害物があるにもかかわらず、アクセルペダルを踏み込んだ場合に、エンジン出力を抑制し、急な発進を防止するとともに、音と表示で接近を知らせます。

先行車発進お知らせ機能
停止時に、先行車が発進したことをお知らせ。

後方誤発進抑制機能
後方に障害物があるにも関わらず、セレクトレバーがR(リバース)の状態でアクセルペダルを強く踏み込んだ際、急な後退を抑制する機能。

オートハイビーム
対向車や前走車を検知し、 自動でハイ/ロービームを切り換え。
良好な視界の確保に貢献するとともに、切り換え操作の頻度も低減。

新型 シャトル グレード 価格について

Honda SENSING  HYBRID Z 
価格:247万円
HYBRID Z
価格:240万円
Honda SENSING HYBRID X
価格:231万円
HYBRID X 
価格:224万円
Honda SENSING HYBRID 
価格:208万円
HYBRID
価格:201万円
Honda SENSING G
価格:177万円

価格:170万円

新型 シャトル ハイブリッド スペックについて

 

スペック 新型 フィットハイブリッド
全長 4,400mm
全幅 1,695mm
全高 1,500mm
ホイールベース 2,530mm
エンジン 1.5L i-VTEC+新型i-DCD
最高出力 110ps/6,000rpm
最大トルク 13.7kgm/5,000rpm
モーター最大出力 29.5ps/1,313-2,000rpm
モーター最大トルク 16.3kgm/0-1,313rpm
JC08モード燃費 36.0km/L
価格 209~265万円

 

最後に一言

ホンダのシャトルはフィットをベースにエントリークラスのステーションワゴンとして一定の需要があるものの最大の欠点先進安全技術の装備である。 ライバル車種のトヨタ カローラフィルダーハイブリッドは先進技術の「Toyota Safety Sense C」搭載しており現行では安全装備面で遅れをとる状況であった。

しかし、「Honda SENSING(ホンダ センシング)」搭載により「Toyota Safety Sense C」よりもパッケージ項目が多く、燃費、安全面で上回ることになる。

選択肢としてもシャトルは非常に魅力的な商品となった。

今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

ホンダ シャトル
http://www.honda.co.jp/SHUTTLE/

ホンダは新型シャトル/シャトルハイブリッドの初のマイナーチェンジを行い2017年9月15日発売を開始する。予想価格ガソリンモデル:170~198万円ハイブリッドモデル:209~265万円新型シャトル マイナーチェンジモデルの変更点は?今回のマイナーチェンジでは以下の変更点がある。先進安全…

記事引用元
ホンダ 新型 シャトル ハイブリッド マイナーチェンジ Honda SENSING標準搭載 2017年9月15日発売

#2chまとめ

トヨタ 新型 スープラ フルモデルチェンジ BMW Z4 共同開発 兄弟車として2017年9月19日発表、2018年1月発売

トヨタ 新型 スープラ フルモデルチェンジ BMW Z4 共同開発 兄弟車として2017年9月19日発表、2018年1月発売

トヨタ 新型 スープラ フルモデルチェンジ BMW Z4 共同開発 兄弟車として2017年9月19日発表、2018年1月発売

トヨタとBMWは共同開発を進めており、それが新型スープラと新型Z4だ。
2017年8月16日新型Z4 cpnceptの画像を公開した。

そして!ついにトヨタから新型スープラのエクステリアが2017年9月19日に正式発表する。

2017年9月以降スポーツモデルGRシリーズ、スポーツカーシリーズをラインナップていくことになる。

第45回東京モーターショー2017(2017年10月27日(金)~11月5日(日))にて
新型スープラの量産モデルを正式発表する予定だ!!そして、2018年発売する。

価格:500万円~800万円。

新型スープラ 公式エクステリア


新型スープラ 公式

新型スープラ公式発表について

トヨタ自動車が2014年1月13日、米国デトロイトモーターショー2014でスポーツクーペ「FT-1」を出展した。

FT-1は同社のスポーツカーデザインの方向性を提示したコンセプトモデル。
このFT-1新型車の名前が、新型スープラとなる!!

設立40周年を迎えたトヨタの米国デザイン拠点「Calty(キャルティ)」がデザインを担当、 「1967年発売のトヨタ 2000GTまでさかのぼるトヨタのスポーツカーの歴史をヒモ解きながらその情熱を注ぎ込んだ」としている。

新型スープラ 商標登録

これは、米国特許商標庁が開示している情報から明らかになったもの。
トヨタが2014年2月10日、米国でスープラの名前を商標登録していたことが判明!!

スープラは2002年をもって生産と販売を終了しており、その後トヨタは2010年、スープラの名前を米国で商標登録していた。

しかし、2014年1月下旬をもって、この商標登録が期限切れになった。

そこで今回、トヨタは米国特許商標庁に、改めてスープラの名前を商標登録し、権利の帰属を明確にしている。

欧州連合の商標を管理するEUIPO(European Union Intellectual Property Office: 欧州連合知的財産庁)でもトヨタが「Supra」の名称を再度登録していたのが発見された!!

新型BMW Z4はオープンカー(ロードスター)のボディ形式 新型スープラはクーペのボディ形式となる!!

プラットホームはBMWが担当し、ハイブリッドシステムなどをトヨタが担当する!!

新型BMW Z4と同様のエンジンもラインナップされる可能性があり

新型スープラ エンジンについて

2.0L 直列 4気筒 DOHC ターボエンジン
最高出力:190hp、245hp、270hpの3つのモデルを発売予定。

最高出力245hpはLEXUS IS200tに搭載されている8AR-FTS型で最高出力245ps、最大トルク35.7kgf.mとなる。

3.0L 直列6気筒ターボエンジン BMW製
BMW製のエンジンで最高出力は306ps、最大トルクは40.8kgf.mとなる。
スポーティZ4Mという最上級モデルに、最高出力425hpのが用意されるのではないかと言われている。

更に、トヨタのエンジンラインナップもあり

直噴2.5L 直4ターボエンジン+ハイブリッド
最高出力:400ps

駆動方式はFR /4WD

8速オートマチックまたは6速マニュアルトランスミッションが選択できる。
フレームはアルミ素材を使用し、ボディにはCFRP(カーボンファイバー強化樹脂)を採用し目標重量は約1500kgを目指している。

既に、海外では新型スープラのテストカーの走行が行われており、スパイショットも撮影されている!!

スペック 新型 スープラ
全長 4,385mm
全幅 1,860mm
全高 1,295mm
ホイールベース 2,480mm
エンジン 2L 直列4気筒 DOHC ターボエンジン 3.0L 直列6気筒DOHCターボエンジン
最高出力 245ps/4,800~5,800rpm 306ps
最大トルク 35.7kgm/1,650~4,000rpm 40.8kgm
駆動方式 FR/4WD
トランスミッション 8速AT
車両重量 約1,500kg
JC08モード燃費 13〜14km/L
車両重量 1,500kg
価格 500万円〜800万円

 

新型スープラ 発売日

発売日は2018年を予定している様子だ。

新型スープラ conceptモデル TOYOTA FT-1


TOYOTA FT-1

今後情報が入り次第お伝え致します。

 

ソース

トヨタとBMWは共同開発を進めており、それが新型スープラと新型Z4だ。2017年8月16日新型Z4 cpnceptの画像を公開した。そして!ついにトヨタから新型スープラのエクステリアが2017年9月19日に正式発表する。2017年9月以降スポーツモデルGRシリーズ、スポーツカーシリーズをラインナップてい…

記事引用元
トヨタ 新型 スープラ フルモデルチェンジ BMW Z4 共同開発 兄弟車として2017年9月19日発表、2018年1月発売

#2chまとめ

スズキ 新型 ハスラー ワイド 5人乗り 1.0L 直3 直噴ターボガソリンエンジン「BOOSTERJET」採用 2017年12月発売

スズキ 新型 ハスラー ワイド 5人乗り 1.0L 直3 直噴ターボガソリンエンジン「BOOSTERJET」採用 2017年12月発売

スズキは新型ハスラーの軽自動車よりも排気量をアップさせた新型「ハスラー ワイド」を2017年12月に発売する。

第45回東京モーターショー2017(2017年10月27日(金)~11月5日(日))にて新型ハスラー ワイドの量産モデルを正式発表する予定だ。

新型 ハスラー ワイドについて

軽自動車(660cc)よりも排気量をアップさせたモデルで新型スイフトなどに搭載された1L 直列3気筒 VVTターボ「BOOSTERJET」とマイルドハイブリッドの1.2L 直列4気筒 デュアルジェットエンジン + マイルドハイブリッドを搭載することになる。

軽自動車の自動車税は10,800円で次に安い物は排気量1.0L以下で29,500円である。
1.0〜1.5Lでは34,500円と軽自動車の3倍になる。

スズキとしても1.0Lのラインナップは当然で1.0L以上であれば燃費向上が期待できるマイルドハイブリッドモデルというわけだ。


直列3気筒 1L VVTターボ「BOOSTERJET」エンジン

直列3気筒 1L VVTターボ「BOOSTERJET」
最高出力:102ps/5,500rpm
最大トルク:15.3kgm/1,700〜4,500rpm
車両重量:930kg
JC08モード燃費20.0km/L

直列4気筒1.2Lデュアルジェットエンジン + マイルドハイブリッド
最大出力:91ps/6,000rpm
最大トルク:12.0kgm/4.400rpm
モーター最大出力:3.1ps/1,000rpm
モーター最大トルク:5.1kgm/100rpm
トランスミッションミッション:CVT
駆動方式:FF/4WD
JC08モード燃費:27.4km/L

新型 ハスラー ワイド サイズ予想について

全高はハスラーと同様に全幅や全長を伸ばしそれに伴いホイールベースも若干伸びると思われる。

全長:3,700mm (3,395mm)
全幅:1,690mm (1,475mm)
全高:1,665mm (1,665mm)
ホイールベース:2450mm (2,425mm)
乗車定員:5名

ハスラーサイズ( )

次世代軽量プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」を採用し軽量化と高剛性を高めている。

衝突被害軽減システム「デュアルカメラブレーキサポート」を標準搭載

2つのカメラを採用したステレオカメラ方式の衝突被害軽減システム「デュアルカメラブレーキサポート」を標準搭載。

1.前方衝突警報機能
約5km/hから約100km/hで走行中、ステレオカメラが前方の車両や歩行者を検知。衝突の可能性があると判断した場合、ブザー音とメーター内の表示によって警報を発する機能。

2.前方衝突警報ブレーキ機能
衝突の可能性が高まると、警報に加え自動的に弱いブレーキを作動させ、運転者に衝突回避を促す機能。

3.前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能
衝突の可能性が高いと判断したあと、運転者が強くブレーキを踏むと、ブレーキアシストが作動しブレーキ制動力を高める機能。

*前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能は、前方衝突警報ブレーキ機能または自動ブレーキ機能と同時に作動することがあります。

4.自動ブレーキ機能
衝突が避けられないと判断した場合に、自動で強いブレーキが作動し、衝突の回避、または衝突被害を軽減する機能。

*対象が車両の場合 :約5km/h~約50km/h未満であれば、衝突を回避できる場合があります。
*対象が歩行者の場合:約5km/h~約30km/h未満であれば、衝突を回避できる場合があります。

約5km/hから約100km/hの速度域で車両や歩行者を検知し、警報や自動ブレーキで衝突の回避、
または衝突時の被害軽減を図るシステムで、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能などとセットで全車にメーカーオプション設定し、安全装備を充実させた。

ハスラー (HUSTLER)について

ハスラーはスズキが生産・販売するクロスオーバーSUVタイプの軽乗用車である。
軽トールワゴンとSUVの双方の要素を融合させた新ジャンルの軽自動車で、アウトドアやスポーツといったレジャーを好むユーザー、あるいはわだちや雪道といった起伏のある路面を走行する機会が多いユーザーを想定した、「アクティブなライフスタイルに似合う軽クロスオーバー」をコンセプトに開発され、クロスカントリー4WDのジムニーとの棲み分けを図っている。

セダンとSUVのクロスオーバーである「Kei」が存在したが、後継モデルがなく2009年(平成21年)に生産終了していた。その後スズキの鈴木修会長が会食の席で、Keiの生産終了を惜しむ声を聞き、軽クロスオーバーの需要があると判断して開発を進めたモデルがこの「ハスラー」である。

2014-2015年次 日本自動車殿堂カーオブザイヤー RJCカーオブザイヤーを受賞した。

5代目ワゴンRと共通の新型プラットフォームを採用。

2013年12月24日公式発表(2014年1月8日販売開始)。
2014年10月30日 2014-2015年次 日本自動車殿堂カーオブザイヤーを受賞(スズキ車では初の受賞)。
2014年11月11日 2014-2015年次 RJCカーオブザイヤーを受賞。
2014年12月25日 RJCカーオブザイヤー受賞記念特別仕様車「J STYLE」を発表(2015年1月9日販売開始)。
2015年5月13日 一部改良。
2015年12月7日 一部改良(2型)。
2017年1月10日「デュアルカメラブレーキサポート」を標準装備した「X」・「Xターボ」及び特別仕様車「J STYLE II」・「J STYLE IIターボ」の全方位モニター付メモリーナビゲーション装着車において、2016年度JNCAP予防安全性能アセスメントにおいて、71点満点中66.8点を獲得し、最高ランクの評価である「ASV++(ダブルプラス)」を獲得。
2017年5月25日 ハスラーのデザインである「軽ワゴンとSUVが融合した新ジャンルの車の意匠」が、公益社団法人 発明協会が主催する平成29年度「全国発明表彰 発明賞」を受賞したことを発表。スズキがこの賞を受賞するのは、20年ぶり3回目となる。

ハスラー

ハスラー
全長:3,395mm
全幅:1,475mm
全高:1,665mm
ホイールベース:2,425mm
乗車定員:4名

658cc 直列3気筒ガソリンエンジン+S-エネチャージ+アイドリングストップシステム
最高出力:47kW(64PS)/6,000rpm
最大トルク:95Nm(9.7kgm)/3,000rpm

型式 WA04A直流同期電動機
最高出力:1.6kW(2.2PS)/1,000rpm
最大トルク40Nm(4.1kg・m)/100rpm
リチウムイオン電池
駆動方式:FF /CVT
車両重量:750-860kg
JC08モード燃費:32km/L

今後、新しい情報が入り次第お伝え致します。

 

スズキは新型ハスラーの軽自動車よりも排気量をアップさせた新型「ハスラー ワイド」を2017年12月に発売する。第45回東京モーターショー2017(2017年10月27日(金)~11月5日(日))にて新型ハスラー ワイドの量産モデルを正式発表する予定だ。新型 ハスラー ワイドについて軽自動車(660cc)よりも排気量をア…

日刊工業新聞

スズキは軽自動車「ハスラー」の第2弾と位置付ける新小型車を開発し、早ければ年内にも市場投入する。ハスラーは軽ワゴンとスポーツ多目的車(SUV)を融合した個性的なデザインで新市場を切…

スズキ
http://www.suzuki.co.jp/

記事引用元
スズキ 新型 ハスラー ワイド 5人乗り 1.0L 直3 直噴ターボガソリンエンジン「BOOSTERJET」採用 2017年12月発売

#2chまとめ